PR


新着記事一覧

2012年03月20日

唾液力を高める ◆健康体は唾液から◆

健康と体から「唾液力を高める」をお伝えする最終話。


口に含んだものは最低20回、できれば50回以上噛めば唾液の恩恵を存分に体内に取り込むことができます。

実際に、糖尿病の患者がよく噛んで食べたあと、空腹時の血糖値が低下し、HBAlC、ヘモグロビンの値も低くなることが報告されています。

そして早食いせず、腹八分を心がけます。

ゆっくり噛むことで脳への刺激も活発になり、肥満を防ぎ、歯周病も、また胃の病も防ぐことに繋がります。


適度な運動、十分な休養も大切です。

そしていやなことや悩みごとは忘れて、会話を楽しみながら愉快な気持ちで食事をいただきましょう。

最後に、普段からの心の持ちようも大切です。

心配ごとやもめごとなどで悩んでいると、慢性的な疾患がなくともストレスで数値が酸化方向に傾いてしまうことが分かっています。

くよくよと取り越し苦労をせずに、ゆったり構え、幸せな気持ちでいることも還元力を高めるコツです。

いまや、血液検査で分かることが唾液でも分かる時代になりました。

唾液の状態とその人の健康状態は見事に一致します。

事実、病気で来院する患者さんは唾液の酸化の度合いが高いのです。


最近は食の安全や生活習慣への意識が一般家庭で高まりを見せ、唾液への関心が高まりつつあります。

唾液は世の中がどんなに変わろうと地球上すべての命あるものが共有しているものです。

唾液がたくさん出るような健康体でいることが、天から生かされている素晴らしい人間社会への第一歩なのです。


唾液はなんでも知っている!―たった一滴に秘められた、人体の科学
唾液はなんでも知っている!―たった一滴に秘められた、人体の科学宮西 ナオ子 岡澤 美江子 伊藤 実喜

三五館 2006-10
売り上げランキング : 196700


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。