PR


新着記事一覧

2012年03月19日

唾液力を高める ◆サラサラ唾液と食べ物 その2◆

健康と体から「唾液力を高める」をお伝えする第7話。


和食中心だった頃の日本人は多くの野菜を摂っていましたが、いまは食生活の欧米化が進み、年間
の野菜摂取量が20年前の2割も減少し、それに伴ってがんの死亡率が急増しているともいわれます。

日ごろ肉類や脂肪の多い食事が多い人は酸化に傾きがちですから、なるべく脂っぽい食事は控え、野菜、果物を努めて摂るようにしましょう。

特に根菜類、柑橘類がおすすめです。

日本人は食事の際に好んで梅干しや酢の物を食べますが、これも唾液の分泌を促進させ、胃液の分泌を盛んにする理にかなった知恵といえるでしょう。

外国で食前に柑橘系のジュースを飲むのも、唾液を出させてから摂食するという同じ理由によるものです。

お茶では、特に緑茶や抹茶が高い還元力を示しました。

日本に古くからあった食後の一服という習慣には深い意味があるのです。

なお、お酒、タバコは体内の酸化を促します。

酸化力の高いアルコールを抗酸化作用の高い枝豆などのつまみで中和させるのは理に適っていると思います。


さらに、唾液には大切なホルモンが含まれています。唾液腺の一つ、耳下腺にある「パロチン」と呼ばれる若返りのホルモンです。

このホルモンはよく噛むことで副交感神経が刺激されることによってつくられ、血液中に取り込まれて作用します。

なお、唾液には口臭の原因となる酵素も微量に含まれますが、99.5%の水分がこれらの原因物質を希釈したり、口臭を抑制する働きをも持っています。

つまり、若返りのホルモンを出し、口臭を予防するためには、唾液が出るようにすることです。

そのためには、とにかくよく噛むことです。


明日は、健康と体の『唾液力を高める』から「健康体は唾液から」をお伝えします。



唾液はなんでも知っている!―たった一滴に秘められた、人体の科学
唾液はなんでも知っている!―たった一滴に秘められた、人体の科学宮西 ナオ子 岡澤 美江子 伊藤 実喜

三五館 2006-10
売り上げランキング : 196700


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/255856991
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。