PR


新着記事一覧

2012年03月18日

唾液力を高める ◆サラサラ唾液と食べ物 その1◆

健康と体から「唾液力を高める」をお伝えする第6話。


赤ちゃんはよだれが多いほど丈夫といわれますが、年齢を重ねるごとに唾液の分泌は胃液の分泌と共に減少し、高齢者では約4割が口の中の乾燥を訴えるようになります。

つまり、唾液の多さは若さの象徴ともいえるでしょう。

また、唾液にはサラサラした唾液とネバネバした唾液の2種類があります。


私たちは楽しいことをしたり、体がリラックスしている時は自律神経のうち副交感神経が優位になり、唾液の分泌が活発になります。

しかも喉や食道を潤し、口の中に溜まらずサラサラとした唾液になり、自然に胃の中に流れます。

けれども体にストレスがかかっている時は、胃の中になかなか流れていかず粘った唾液になってしまいます。


理想はサラサラした唾液です。

唾液の出が少なく、口の中のネバネバが長く続く場合には、体調を疑ってみる必要があります。


毎日の食べ物によっても体内の酸化の度合いは変わってきます。

様々な食品を食べたあとに唾液の酸化還元電位を測った臨床実験の結果、特にサツマイモ、ミカン、味噌汁、日本茶、ブラックコーヒーに高い還元力があることが分かりました。

特にサツマイモの値が素晴らしく、今日の我が国の長寿の秘密は、戦後の食糧難にイモやカボチャしか食べられなかったことも幸いしたのかもしれません。


明日は、健康と体の『唾液力を高める』から「サラサラ唾液と食べ物 その2」をお伝えします。



唾液はなんでも知っている!―たった一滴に秘められた、人体の科学
唾液はなんでも知っている!―たった一滴に秘められた、人体の科学宮西 ナオ子 岡澤 美江子 伊藤 実喜

三五館 2006-10
売り上げランキング : 196700


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/255857055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。