PR


新着記事一覧

2011年08月27日

健康食品 ◆蜂っ子◆・・・腰痛や肩こり解消に天然無添加食品で健康管理

8月後半にもなると、猛暑や一転した梅雨まじりの天候で、疲れが出て来るころではないでしょうか。

また、この時期衣替えやクールビズの影響で体のラインが気にかかる方も多く、過度のダイエットや節食により健康のバランスを崩している人も多いようです。


私もそんな時に出会ったのがこの「蜂っ子」です。

PCに向かう座り仕事が多く、腰痛や肩こり解消のため、朝のウォーキングにより運動不足を解消していますが、週末近くになると疲れもピークとなり、ついついさぼりがちな日もあります。

食事も野菜や魚を中心に考えますが、外食ともなるとそうもいかず、健康管理の重要性をあらためて感じていました。


雑誌に載っていた「蜂っ子」の記事が目に止まり、疲れが取れ元気になるという愛飲者の記事を読んで飲み始めました。


この「蜂っ子」たしかに体の中から元気になり楽な気分で仕事に臨めます。

以前の様な疲れを感じることも少なくなり、仕事のストレスもさほど感じません。

週末、疲れが溜まることも少なくなり、映画や芸術鑑賞に行こうという気分に自然となったことも、「蜂っ子」のおかげだと思います。


もともとミツバチが生産するローヤルゼリーや蜂蜜、花粉などは、私たちの健康のためにたいへん良いとして知られている自然食品です。

こうした栄養価の豊富な自然食品を、ミツバチの子は毎日たっぷりと与えられて育ちます。


一度ミツバチの子の体内に取り込まれたこうした栄養素は、消化の過程でさらに凝縮され、私たちの身体に吸収されやすい天然のアミノ酸となります。

また、ミツバチの子というひとつの生命体を維持するために必要なビタミンやミネラルなどの栄養素も自然そのままで、バランスよく含まれていることになります。


このミツバチの子を100%天然無添加のまま、冷凍乾燥粉末化したものが「蜂っ子」です。

「蜂っ子」は、生産者や製造者の想いの込められた、天然無添加、自然そのままの健康食品です。

この「蜂っ子」は、5年連続でモンドセレクションを受賞しています。

健康に役立つ食品として加えてみてはいかがですか。






人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

醗酵黒豆

年をとるに従って、健康という言葉が当たり前であった若いころと違って、健康維持には不安が付きまとうものです。

毎年の健康診断の度に、数値の変化で一喜一憂している方は多いのではないでしょうか。


特に中年を過ぎたころから内臓脂肪という言葉を聞くと、思わずお腹をつまむ人は多いと思います。

近年、中高年の間で急増している内蔵脂肪型肥満は、運動や食事制限など不断の努力が必要なため、なかなか効果がでない人も多く、健康に大きな問題を抱える結果となります。


厚生労働省の発表によると、高血糖や高血圧はお腹まわりの「内臓脂肪」が深く関係することがわかってきました。

蓄積した内臓脂肪は高血糖や高血圧を併発しやすくするといいます。


高血糖や高血圧が重なれば、動脈硬化が急速に進行する恐れもあり、動脈硬化は脳卒中や心臓病をまねく要因にもなっています。

つまり内臓脂肪がたまりすぎると、健康不安どころか命が縮まることを意味するのです。

内臓脂肪を減らし、ためないようにするには、食べ過ぎや運動不足などの不健康な生活習慣を改善することが大事なのですが、仕事が忙しくて、適度な運動や食事制限を続けるのは、出来そうでなかなか出来ないものです。


そこで試してみたいのがクエン酸飲料の『醗酵黒豆』です。

クエン酸には脂肪を燃やす働きがあり、そして黒豆は日本人になじみの深い食材です。

その成分が体に良いことはもはや定説ですが、黒豆の本当の力を体験した人は多くないといいます。


「醗酵黒豆」とは、ポリフェノールを豊富に含む黒豆に、米麹と水のみを加えてじっくり発酵させる。

この製法によって糖を分解し、代謝を活発にするクエン酸を多量に含む画期的な健康飲料が生まれています。


それが「醗酵黒豆」で、代謝の活発化は内臓脂肪も燃焼しやすく、健康増進に一役かっています。

この「醗酵黒豆」は飲み口がまろやかで、飲みやすいことが特徴の一つでもあります。


毎日カップ1杯を飲み続けることで、血圧、コレステロール、そして血糖値も変化をしていきます。

人生と健康を長持ちさせるには、健康食品の「醗酵黒豆」を試してみる価値はあるようです。

健康食品「醗酵黒豆」の詳しい情報はここから!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

冬虫夏草

音源がないのに不快な音が聞こえてしまう雑音の悩みを経験していませんか。

頭の中で「セミが鳴き続ける」「金属音がする」「熟睡できない」「音は聞こえるが何を言っているのか聴きとりづらい」など、ストレスが重なり健康のバランスを崩してしまう要因となることもあります。

このような悩みを持つ人は年々増えていて、現在は日本の人口の約2割もの方々が聴こえの不安を感じているといいます。

あなたは年のせいだからと『自然な聴こえ』をあきらめてはいませんか?


最近この原因不明の耳の不調に対応する、ある食品が注目を集めている。

それが、漢方素材として知られている「冬虫夏草」です。


冬虫夏草は、漢方薬として不老長寿、精力源として珍重されてきました。

昆虫等の体に寄生して育つキノコの仲間で、冬に土中で虫の幼虫等に寄生しその栄責分を摂取して育ちます。

夏になると発芽し棒状のキノコが地に生えてくる事から冬虫夏草と名付けられ、世界で350種位のものが冬虫夏草として知られていますが、本当に効果のあるものは、この中のほんの一部の限られた種類だけです。


冬虫夏草は清の時代に書かれた「本草従新」で初めて文献に記載されましたが、採取量が非常に少ないため、皇帝の専用品とされ中国以外の国にはほとんど知らせられないままでした。
冬虫夏草にはさまざまな効果・効能があり、スタミナ不足や過労,耳鳴り,喘息,精力減退,生活習慣病,運動能力低下,アトピー性皮膚炎,糖尿病などに効果があります。抗ガン(肺ガン)効果も期待されています。

どうして耳にいいのかというと、冬虫夏草は肺と腎臓によいとされています。

そして、腎臓と耳はとても深い関係があると考えられており、腎臓を調整することが耳によいということになるのです。

また、冬虫夏草には18種類のアミノ酸がバランスよく含まれていることが上げられます。


アミノ酸は減少するとたんぱく質を合成する能力が低下し、自律神経に影響が出てしまいます。

耳の不調は自律神経の乱れが原因の一つと考えられ、加齢やストレスで減少した体府のアミノ酸を冬虫夏草が補うことで、それらを緩和してくれるものと見られる。

さらに、免疫機能を高めてくれるベータグルカンはアガリクスのそれをはるかに上回っています。

中でも特筆すべきは、特有の核酸系成分であるコルディセピンが含まれていることがあげられます。


ほかに、老化の原因といわれる活性酸素を除去してくれる抗酸化酵素のSODなど注目に値する成分が豊富なのです。

耳の不調や健康不安を抱えている方は、体によい冬虫夏草を始めてみてはどうですか。






人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

健康づくりフコイダン

人は大きな病気になった時に思うことがある。「なぜ私がこんな目にあうのか・・・」病は体だけでなく、心も蝕んでいきます。

しかし、考え方を少し変えてみれば、病とは身体の異常を知らせてくれるサインのようなものです。

この知らせがあるからこそ病気と向き合い、そして自分と向き合う事ができるのです。

病はむしろ自分に新たな「気づき」を与えてくれるものかもしれません。

そんな時に、安心で安全な健康食品はあなたの心強いパートナーとなってくれるはずです。


海と大地から生まれた「フコイダン」は、病と向き合う人を応援します。

海藻のヌルヌルパワーの「フコイダン」とは、モズクやメカブ・コンブに多く含まれるヌメリ成分の中の一種で、化学的には、フコースという単糖を主として構成される高分子多糖類(水溶性食物繊維)の一種です。

この多糖類は、コレステロールや中性脂肪、血糖値の低下、肝障害の改善、抗がん作用、ピロリ菌の抑制、抗アレルギー作用など、生活習慣病(成人病)といわれているほとんどの症状を改善してくれる大変優れた成分です。

その中でも特に顕著な効果があると考えられるのが、抗がん、制がん作用です。

動物実験の結果、フコイダンは、NK細胞の活性を大きく高めることがわかっています。

つまり、NK細胞の数値が高くなり、これはすなわち、がんに対する免疫力が高いということなのです。

人間には本来自分で病気を治す力(免疫力)が備わっているのですが、現代のストレス社会、大気汚染、添加物食品等のため、免疫力が大変弱まっています。

そこで、今最も注目されているのが、フコイダンなのです。


フコイダンは、がん細胞に、アポトーシス(細胞死滅)を誘導させる作用があって、がん細胞を死に追い込むわけです。

また、フコイダンは免疫力を高め、生活習慣病(成人病)の元凶である、活性酸素の攻撃を抑制するなどいろいろな効果があります。


例えば、日本一の長寿県としてよく知られている沖縄県では、モズク、コンブ、ワカメなどの海藻類を毎日のように食卓に出します。

海からとれる海藻類には、ビタミンやミネラルの含有量が多く、今注目を集めている、フコイダンも多く含まれています。

また、フコイダンは、消化器系(胃ガンや直腸ガン)のガンだけでなく、肺ガンや乳ガン、子宮がん、肝臓ガン、すい臓ガンなどあらゆるガンに効果があると専門家は報告しています。

また、糖尿病や慢性関節リウマチ、腎臓障害、アトピー性皮膚炎などにも効果があります。



以上のことから国産・外国産、低分子・高分子問わず、フコイダンを効率よく摂取することが、健康やがんを抑制したり治す第一歩であり、健康維持に効果があるフコイダンをお勧めします。

いつ飲まれても良いですが、夜や空腹時に毎日飲まれる方が多いようです






人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

アサイベリー

時代の目まぐるしい変化により、健康な体を維持することはなかなか難しいというのが皆さんの本音であると思います。

特に現代社会では目を酷使することが多くなり、目からくる頭痛や肩こりで健康障害をおこしている方も多いようです。


そして年を重ねるごとに誰もが気になるのが視力の衰えで、さらに熟年層になると白内障や緑内障などの悩みも増えてくるといいます。

今や目の悩みは、男女を問わず年と共に増えていて、健康維持のバロメーターといっても過言ではないのです。


そんな方々から今大注目を集めているのが「アサイベリー」です。


アサイベリーとはヤシ科の植物で、小さな紫色の丸い果実をつけ、別名「ブラジルの奇跡のフルーツ」とも呼ばれ、アメリカのセレブたちの間で大流行しています。

その理由の一つがアントシアニンの含有量なのです。


アントシアニンが視力回復に欠かせない成分なのは有名な話ですが、それがアサイベリーには100g中、なんと414mgも含まれています。

一方、アントシアニンで有名なブルーベリーは100g中わずか89rしか含まれていません。

つまりブルーベリーの約4.6倍の豊富なアントシアニンを含んでいるということです。

そのアサイベリーをさらに4倍に濃縮したのが「アサイベリーアイ」です。


豊富なアントシアニンを手軽に摂取でき、視力回復に素早い働きが期待でき、目はもちろん、体の欲しがる栄養素がたっぷり含まれています。

アサイベリーには体に必要な栄養分も多く含まれていて、老化を遅らせる働きもあります。

紫外線による肌の老化を防ぐといわれるポリフェノールが、赤ワインのなんと約30倍も含まれています。


さらに、カルシウムは牛乳と約同量、鉄分はレバーの約3倍、繊維はゴボウの約3倍もあります。

また、抗酸化物資、必須脂肪酸、食物繊維、植物性ステロールの相乗効果によって、血管などの健康を促進する作用があるといわれています。

まさにアサイベリーは、ミネラルバランスの摂取という面からも非常に優れたフルーツといえます。

特に視力の低下、目のかすみが気になる方はぜひ試してみてはどうですか。







人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

ヒアルロン酸コラーゲン

立ち上がるときや、階段の上り下りの際、足腰がつらくて、つい「よいしょ」とかけ声をかけていないですか?

節ぶしに感じるその痛みや違和感、それはヒアルロン酸不足が原因かもしれません。


私たちが健康な生活をしていく上で欠かすことが出来ない栄養成分であるヒアルロン酸やコラーゲン、コンドロイチンは、加齢によって減っていきます。

ヒアルロン酸は、体内の目や皮膚、関節などに多く含まれる成分で、関節が滑らかに動くのも、ヒアルロン酸が骨と骨の滑りを良くしたり、クッションの役割を果たしたりしているためなのです。


ところが悲しいことに、このヒアルロン酸も年齢を重ねるにつれて減少してしまいます。

20歳の時を100%とした場合のヒアルロン酸保有率は、50歳代で約45%、60歳代でなんと約25%にも下がります。


また、コラーゲンは日常生活における紫外線やストレスによって日々減少し続けているのです。

何もしなければ失われる一方のヒアルロン酸やコラーゲンを効率よく補給することが、健康を維持する上でとても大事なことなのです。


キューサイのヒアルロン酸コラーゲンは、低分子化した吸収効率の良いコラーゲンペプチドを採用し、病院食として利用される高品質な低分子のコラーゲンです。

このコラーゲンペプチドは、日本及びイタリア、ドイツ、フランス産の冷凍状態で輸入された食肉用豚の皮から抽出していることが特徴です。


これらの原料は、衛生的に管理されたキューサイの工場で、ヒアルロン酸コラーゲンの製造・包装を行い、最終的に衛生検査・味・色などの検査を実施し、安全性の確認を行なった上で出荷しています。

あなたのアクテイブな生活実現のために、毎日続けてみてはいかがですか。






人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

たまねぎ物語

中高年の男性2人、女性5人に1人がメタボリック症候群の可能性を強く疑われる、もしくはその予備軍とも言われている。

そんな中、からだの中からスッキリ、健康を取り戻すのに役立つと注目されている野菜があります。

ぽっこりと出たおなかを見て「今度こそ頑張ると」思いながらも、鏡に映る自分の姿につい目を背けてしまことは良くあることです。


しかし、からだの余分は見た目を悪くするだけでなく、健康を崩したり、ある調査では平均体重より約20s増えると、医療費が大幅に膨らむと警告しています。

日ごろから運動や食事のバランスには気配っていても、不規則な仕事やストレスによりなかなかうまく実行できないのが現実です。


そこで、注目されているのが玉ねぎ。


サラサラはもちろん、悩みの種である脂肪やコレステロールの軽減に役立つ成分がぎっしりと詰まった、まさに"魔法の野菜"なのです。

昔から健康野菜として親しまれてきた玉ねぎですが、その秘密は玉ねぎに多く含まれている『ケルセチン』という成分です。

野菜の中でも玉ねぎは、特に外側の皮の部分に多くのポリフェノールが含まれています。

普段捨てられているこの玉ねぎの皮には、食用部分の約10〜20倍ものケルセチンが含まれています。


玉ねぎの皮は脂肪の吸収抑制や余分な脂肪の排出を助けたり、老廃物や有害物質の排出にも優れ、新陳代謝を高めて、からだの余分をスッキリに変えてくれる相乗効果も期待できます。

その玉ねぎを毎日ジュースにして飲み、ウォーキングなどの軽い運動で、なかなか下がらなかったコレステロール値も下がった人もいる程です。

また、玉ねぎ独特の辛み成分にも、余分な脂肪の合成を抑えたり、脂肪を減らす働きがあります。


自然が生んだ驚きの力を秘める玉ねぎ。

その力を生かすには毎日続けることが大事なポイントで、毎日玉ねぎ料理やジュース作りとなると意外に大変でなかなか続かない。

しかも、ケルセチンは普段捨ててしまう皮の方に多く含まれているのです。


そこで、玉ねぎだけでなく外側の皮まで使いギユッと濃縮、飲みやすい粒に仕上げた『たまねぎ物語』。

からだの余分がなかなか捨てられないと悩んでいる方は、一度試してみる価値は十分あります。

毎日の玉葱・玉ネギ健康ダイエットにお役立てみてください。






人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

冬虫夏草

音源がないのに不快な音が聞こえてしまう雑音の悩みをお持ちではありませんか。

頭の中で「セミが鳴き続ける」「金属音がする」「熟睡できない」「音は聞こえるが何を言っているのか聴きとりづらい」など、ストレスが重なり健康や体内バランスを崩してしまう要因となります。

そしてこのような悩みを持つ人は年々増えており、現在は日本の人ロの約2割もの人々が聴こえの不安を感じているといいます。

そういう症状を持っている方々は、年のせいだからと『自然な聴こえ』をあきらめてはいませんか?


最近この原因不明の耳の不調に対応する、ある食品が注目を集めている。

それが、漢方素材として知られている「冬虫夏草」です。


どうして耳にいいのか、漢方に詳しい薬剤師の李春梅・中医師は次のように語ります。

冬虫夏草は肺と腎臓によいとされています。

そして、腎臓と耳はとても深い関係があると考えられており、腎臓を調整することが耳によいということになるのです。


また、冬虫夏草には18種類のアミノ酸がバランスよく含まれていることが上げられます。

アミノ酸は減少するとたんぱく質を合成する能力が低下し、自律神経に影響が出てしまうのです。

耳の不調は自律神経の乱れが原因の一つと考えられ、加齢やストレスで減少した体内のアミノ酸を冬虫夏草が補うことで、それらを緩和してくれるものです。

さらに、免疫機能を高めてくれるベータグルカンはアガリクスのそれをはるかに上回っています。


中でも特筆すべきは、特有の核酸系成分であるコルディセピンが含まれていることです。

ほかに、老化の原因といわれる活性酸素を除去してくれる抗酸化酵素のSODなど注目に値する成分が豊富なのです。


10年前から耳鳴りと難聴がありだんだんひどくなって、夜も眠れないほど苦痛になっていたのですが、そんなとき冬虫夏草のことを知り試してみたところ、体調が良くなり、粘り強く続けてみたら耳鳴りは小さくなるし、耳はよく聞こえるようになったという人がいます。


また53歳の女性は難聴に加えてストレスで体内のバランスを崩し、ひとり深く悩んでいました。

めまいがひどく精神的に参ってしまった時、冬虫夏草のことを知り始め、コツコツ続けてみるといつの間にか倦怠感が消えていたという方もいます。

難聴に悩まされていた方達は、人の声もはっきり聞こえるようになったと笑顔で喜びを語っています。


この様に「冬虫夏草」は耳鳴りや難聴に効果があることが分かります。

耳に違和感がある方は、体の健康もそうですが精神的にも不健康になります。

それを解決してくれるこの「冬虫夏草」を始めて、心身共に健康な体作りをしてみてはどうですか。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

花粉症となたまめ茶

からだの中にたまった膿(うみ)を果たしてどれ程の人が認識しているだろうか?

健康志向が高まり、成人のほとんどが定期的に健康診断を受ける現在ですが、検査結果に神経をとがらせ、生活改善に取り組む一方で、見落としがちな問題も多い。


そのなかで、最近注目されているのが「なたまめ茶(刀豆茶)」です。


なた豆は、「膿を出す妙薬」として昔から民間療法などで使われており、腎臓機能・肝機能の正常化、蓄膿(ちくのう)症・歯周病・歯槽膿漏(しそうのうろう)の改善、痔ろう、花粉症などのアレルギーにも効能や効果があるといわれています。

たとえば歯周病は厚生労働省によると、成人の約80%が歯ぐきに問題を抱えているといいます。

ところが、口の中まで定期的に検査を受けている人はまれで、自覚している人は極めて少ないのだという。


膿がたまり易いのは歯ぐきだけではなく、口の中、鼻やノドの奥、そしてお…数えあげればきりがないが、手ごわい膿は、ときには何十年もの付き合いとなってしまうから厄介なのです。


そして最近話題になっているのが、なたまめ茶の花粉症への効能です。


なたまめ茶に含まれるコンカナバリンAの免疫の正常化作用により、免疫異常で引き起こる、花粉症やアトピー性皮膚炎、ぜん息などといったアレルギー症状が改善されることが期待できるというわけです。

その他にもなたまめ茶には、食物繊維やポリフェノール、鉄分やビタミン、ミネラルなど栄養豊富なので、便秘解消、生活習慣病の改善への効果も期待できます。

■歯周病・痔・蓄膿症などの改善
■アレルギー症状の改善
■血中の尿素や老廃物の排泄を促して肝・腎臓機能を改善
■食物繊維による便秘改善・相乗作用によるダイエット効果
■血行促進作用による冷え性・肩こり・腰痛・関節痛の改善
■その他豊富な栄養素による健康維持


免疫力を向上させたり成人病を予防したりするのに効果的とされるサポニンやコンカナバリンA、カナバリンといった注目の成分が含まれていますが、実はこれらの成分にはわずかな毒性があります。

特に健康食品として購入する場合には、粗悪ななた豆の健康茶には注意が必要です。


それだけに、なたまめ茶に副作用があるのかどうかはとても気になるところなのではないでしょうか。

分量やなた豆の種類にもよりますが、一般的にはなた豆の持つ毒性は、頻繁に水洗いしたり焙煎などの加熱処理を行うことで消すことが可能です。

したがって、じっくりと時間を掛けて焙煎されたなたまめ茶には、毒性についての心配は必要ないと言われています。


国内でも一部の地域では栽培が続けられているこのなた豆。

中でも鹿児島県吉田地方で採れる薩摩なた豆は、ミネラル豊富な吉田貝層を土壌とし、栄養価も高く、大きなものでは全長70センチにも達するものが有ります。


現在「なたまめ茶」としてドラッグストアなどで販売されているものの種類は様々で、ただ安いというだけで購入せずに、販売や製造している会社の知名度や品質管理がしっかりされているのかをチェックした上で、納得できる良い商品を選び購入されることをオススメします。

ただ体質によっては、一度に多量のなたまめ茶を飲むことにより、下痢や吹き出物がでたりする可能性もありますので、その場合には、使用中のなたまめ茶の摂取を中止し様子を見るようにしましょう。

それでも改善しない場合には、専門医にご相談してください。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

健康と食品 氣能値と健康◆氣能値と食材◆

健康と食品とから「氣能値と健康」をお伝えする最終話です。

ではここで、生命力を高めるには何を基準に、毎日の食事でどのようなものを食べればよいのかを、紹介します。

その際に参考にしていただきたいのが「氣能値」という概念です。

氣能値は、MRA(磁気波動共鳴分析器)、MIRS(磁気波動共鳴分析器の一種)といった専用の波動測定器によって測定するもので、人体氣能値、すなわち人間の生命力を高める「氣能値が高い高氣能食品」を摂り、逆に氣能値を下げる低氣能食品は控えるようにすることです。

■高氣能食品
ナン、小豆、黒豆、ハト麦、玄米、丸麦、粟
海藻、トウモロコシ、ニンジン、ゴボウ、葱類、茸類、葉菜類、トマト類、キュウリ、ナス、キャベツ、レタス
梅干し、玄米ミソ、キムチ、香辛料

■中氣能食品
干物、刺身

■低氣能食品
鶏肉、豚肉、牛肉

白米でも無農薬栽培であれば、農薬を使った玄米よりは良いといえます。

また、食の基本である「米、水、塩」は、質のよいものであれば優れた高氣能食品です。

その他、鉱石や木、炭を使って手軽に水を浄化し、岩塩など質のよい塩を摂ることも大切です。

ところで皆さんは、炭水化物や脂肪、たんぱく質などが揃った「バランスのよい食事」にこだわっていませんか?

副食のおかずは、もし無農薬の野菜が手に入ったなら作ればいいし、手に入らなければ作らなくてもいいと森下先生はいいます。

例えば味噌汁を具だくさんにして、それをすすりながら玄米・雑穀飯を食べればそれで十分で、あれば小魚やシラスを摂ることも良いです。

マグロみたいな大型の魚ほど小・中魚を食べて食物連鎖で公害物質が濃縮されている可能性があるので避けます。

食べ物の品数がさほど豊富ではなかった元禄時代以前の食事が理想で、当時の人が河川などで休息をとった場所には、ご飯を炊いて天日で乾燥させた干し飯(いい)の痕跡が出土していたり、臼(うす)で少し碾いたものを袋に詰めて腰に巻いて出かけたりもしていたようです。

現代栄養学の、動物性たんばく質の一日必須量とは……とか、炭水化物は、脂肪はと、物質を固定的に分けて縦割りに考える発想には何の根拠も意味もないといいます。

玄米雑穀ご飯を召し上がる時に素直に手を合わせて、「よろしくお願いします」と心の底からいえるようになった時に、病気はその時点から治っていくと森下先生は語ります。


   「高氣能食品」

  「高氣能食品」

   「高氣能食品」





人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。