PR


新着記事一覧

2010年09月03日

今回もダメでした!

9月初めてのとっちゃん料理に挑戦しました。


最近は作る料理作る料理 ことごとく失敗


自身も喪失気味なので、昨日は気合を入れて得意のチキンカレーを作ることに。もうやだ〜(悲しい顔)


今回は、鶏肉にした味をじっくり付けてきのこを加えて炒めてみました。

IMG_2939.JPG


途中で母が「最近のあなたが作るカレーちょっと柔らかすぎない?」と言われたので、
今回はちょっと硬めに!


もともと私は、 「サラット」 したカレーガー好みで、母が幼いころ作っていた「ドロット」
したカレーを今は好まないのです。


大学時代、新宿の紀伊国屋書店下にあったカウンター形式のカレー店(今はもうないの
でしょう)、ここのカレー、ご飯にカレーが絶妙にしみこむ「サラット」したカレーでものすごく
美味 かったのです。


ここのカレーに4年間お世話になり、私のカレー感は間違いなく「サラット」派になりました。


カレールー入れて硬さを確認。


ちょっと硬いので水で調整。


仕上げに生クリームを加えて味付け完了!

IMG_2943.JPG


期待を込めて一口食べてみました。

IMG_2946.JPG


今回も駄目でした!!バッド(下向き矢印)


手を加えた程、思った程、頑張った程、自分が思う程美味しくないのです。ふらふら


家族はお世辞で美味しいと言ってくれてますが?


今回のカレー水の量に問題ありで「ドロット」カレーになってしまい、この時点で私としては
全くのNG でした。


焼き餃子、カレーうどん、シーフードカレーと今回で 4連敗中 です。


少々凹み気分で疲れました。



今日一日、読者の「進歩」と「向上する意欲」が上昇することを願っております。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

posted by ニッピー at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | おやじの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

チキンカレーです!

今週、初めてのおやじ料理となります。


仕事が忙しいので、時間的に作り慣れているチキンカレーを作ることにしました。


― 料理レシピ ―

『材料 (4人分)』
 ■ 鶏もも肉・・・・・・・2枚
 ■ 玉ねぎ・・・・・・・・2個
 ■ ニンジン・・・・・・・1本
 ■ じゃがいも・・・・・・2個
 ■ にんにく・・・・・・・1片
 ■ トマト・・・・・・・・1個

『合わせ調味料』
 ■ 市販のカレールー・・・4人分
 ■ コンソメ・・・・・・・2個
 ■ 中濃ソース・・・・・・大さじ1
 ■ ケチャップ・・・・・・大さじ1
 ■ 塩・コショウ・・・・・少々
 ■ 水・・・・・・・・・・適量
 ■ サラダ油・・・・・・・大さじ1/2
 ■ バター・・・・・・・・10g
 ■ 蜂蜜・・・・・・・・・適量


『作り方』
 1. 鶏もも肉は一口大に切る。

 2. 玉ねぎ・ニンジン・ニンニクはみじん切り、ジャガイモは角切りにしておく。

 3. 鍋にサラダ油を入れ、みじん切りにしたにんにくに火を通し、玉ねぎ・ニンジン・じゃがいもを
  入れて炒め、適量の水にコンソメとトマトを加えて中火で10分煮る。

IMG_6391.JPG


 4. 一口大に切ったもも肉に塩・コショウを振る。フライパンにサラダ油とバターを入れ中火で
  肉を軽く焼く。

 5. フライパンの材料を鍋に加えて弱火で20分煮込む。

IMG_6393.JPG


 6. 一旦火を止めてカレールーを加えルーを溶かす。

 7. 中濃ソース、ケチャップを加え、弱火で味を調え、蜂蜜を加えて出来上がりです。

IMG_6395.JPG


チキンカレーは慣れているで、それ程時間はかかりませんが、もう 一工夫あっても
よかったのかなーと、食べながら思っている次第であります。

IMG_6397.JPG


次回は、ちょっと凝ったチキンカレーに チャレンジ!!



今日一日、読者の「進歩」と「向上する意欲」が上昇することを願っております。

この記事を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。




人気ブログランキングへ  ライフスタイルブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。



posted by ニッピー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おやじの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

餃子 完敗でした!

週末の夕食レシピはスタミナをつけるために餃子にチャレンジしました。


このチャレンジ全くの完敗でした。まいりました!!バッド(下向き矢印)

『材料 (約4〜5人分)』
 ・餃子の皮......40枚   ・豚ひき肉......200g
 ・白  菜......1/6個   ・シイタケ......2個
 ・玉ねぎ.......1/2個   ・ショウガ......1かけ
 ・ニンニク......1かけ

『合わせ調味料』 
 ・酒.........大さじ1  ・オイスターソース..大さじ2
 ・塩コショウ.....少々   ・ごま油.......小さじ2
 ・片栗粉.......大さじ2

 ・白菜をもみ込む塩......少々

『作り方』
 1.白菜をみじん切りにして塩でもみ10分くらい放置。水分が出てきたらしっかり水気を絞る。
 2.シイタケ・玉ねぎをみじん切りにし、片栗粉をふって絞った白菜と混ぜ合わせる。
 3.ボールにひき肉を入れみじん切りしたショウガ・ニンニクをいれて混ぜ合わせる。
 4.2と3を混ぜて酒・オイスターソース・ごま油・塩コショウを入れてよく混ぜ合わせる。
 5.餃子の皮に具を入れ、真ん中を軽く押さえ左右から3つずつひだを寄せて包む。
 6.フライパンに大目の油を引いてよく熱し、餃子の底がきつね色に鳴るまで焼く。
 7.熱湯を餃子が1/4つかるぐらいまで入れ、3〜4分蒸し焼きにする。
 8.蓋を取り強火にして底の水気を完全に飛ばす。
 9.ごま油を少量、餃子のふちから流しいれカリッと焼き上げる。

餃子は大学時代に何回か作った経験があるので、鼻歌まじりるんるんで作り始めました。


下準備は万全で、餃子の皮に具を入れる段階で最初のつまずき!


皮が足りない、いや具が少々多すぎるようです。


なるべく具が余らない様にと多めに具を入れ、なんとか包み込もことに成功しましたが、
形が何とも不格好に!


中身はおいしいのでお許しくださ〜い・・と心で言い訳をしながら40個を作りました。


案の定具があと5個分ぐらい余ることとなりました。


ここまでは何とか許せたのですが(60点ぐらいかな〜)この後が全くいけません。


焼く段階で火加減が全くよめず惨憺たる餃子となりました。もうやだ〜(悲しい顔)


1最初の14個  焦げ目が少々あり、食べられない事はないがチョット勘弁な餃子。


2次の14個  ひどい、どうしてこうなったのか?他人ごとではない、私が作ったのだから・・・


3最後の12個  やっと丁度いい焼き具合の餃子が完成!


餃子を期待していた家族に平謝りの週末でした。


そんなこんなで、とても写真を掲載できる状況ではありませんのでご勘弁ください。


05[1].jpg
↑ こんな感じをイメージしていたのですが?ちっ(怒った顔)


来週、再チャレンジしま〜す!!




人気ブログランキングへ  ライフスタイルブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。



タグ:餃子 レシピ
posted by ニッピー at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | おやじの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

和風ハンバーグ

昨日は夕食のレシピを決めていなかったので、何にしようかと迷い和風ハンバーグに
挑戦してみました。


冷蔵庫の食材を確認し、ない材料を買い出しに行くこととなりました。


合挽き肉・生パン粉・ナツメグ・和風ハンバーグに合うタレと・・・・


我が家では愛妻が、和風ハンバーグに掛けておいしいタレをスーパーで見つけてきて
「これ」を使用しています。


IMG_6318.JPG
 ●品  名:焼き肉のたれ
 ●原材料名:大根、醤油、果糖ぶどう糖液糖、還元水あめ、
 ぶどう糖醸造酒、りんご果汁、アミノ酸液、コーンスターチ、
 レモン果汁食塩、ワイン、米黒酢、鰹節エキス、昆布えきす、
 蜂蜜、蛋白加水分解物、酵母エキス、カラメル色素、
 増粘剤(キサンタンガム)、香辛料抽出物(原材料の一部に
 小麦、大豆を含む)
 ●内容量:270g
 ●保存方法:開栓前は直射日光を避け常温で保存
 ●製造者:エバラ食品工業株式会社
 ●価 格:スーパーで248円でした。





その「これ」がなかなか思い出せません!


いつも週末には1週間分の食材を一緒に買い出しに行き、何回かは「この」タレを
買っているのですが名前が分かりません。


老人性痴呆のはじまりではありませんから?


店に行って並んでいる調味料を見れば、それらしき物はあるだろうと決めスーパーに直行!


それらしき物がないのです。


時間も経過するので直接店員に聞いたのですが、和風ハンバーグに合うタレは見つからず
帰宅となりました。もうやだ〜(悲しい顔)


愛妻に聞いて再度買い出しに来ることとしました。


下ごしらえをして冷蔵庫に2時間。その間に愛妻から聞いた「これ」『エバラおろしタレ』を
買いにスーパーへ!


下ごしらえもそうですが焼き方も一番大事だとのことで、慎重に焦がさないように・・・・

IMG_6310.JPG


私としては、このハンバーグ2日目の挑戦なのですが出来上がりはです。

IMG_6312.JPG


このタレさっぱりしていて、和風ハンバーグに本当にピッタリです!!手(チョキ)


機会がったら試してみてください。


今週はこれで料理もおしまい!と思ったのですが、土曜日も愛妻を休ませるために


私が頑張って作りま〜す!


さて・・何を作ろうか・・・?ふらふら



人気ブログランキングへ  ライフスタイルブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。



posted by ニッピー at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おやじの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

シーフードカレー





愛妻が夏ばてギミなので、昨日と今日は私が夕食を作ることにしました。


当初から木曜日はシーフードカレーと決めていたので材料はそろっていました。


キッチンに立つのは2年前に夕食を作って以来です。


その時にもシーフードカレーを作ったので何とかなるだろーと軽いノリでキッチンに!わーい(嬉しい顔)


わずか2年、されど2年。昔作ったシーフフードカレーのことは、断片的な記憶で

とぎれとぎれと成っていました。

われながら情けない思いでした。ちっ(怒った顔)

気を取り直し、ネットで作り方のおさらい。


冷蔵庫で食材の確認をしたのですが、白ワインがどこを探しても見当たらず買いに行きました。


何を間違えたのか!買ってきたのはこれ → 赤ワインでした。バッド(下向き矢印)

IMG_6313.JPG


一般的には、「白ワインは魚」「赤ワインは肉」と言われていますが、まあいいだろうと

赤ワインで調理をしたのが間違いのもとでした。最後にご説明いたします。


野菜(玉ねぎ・ニンジン・ジャガイモ)を入れて煮込んでます。

IMG_6300.JPG


シーフード(エビ・イカ・アサリ・ホタテ)をワイン蒸し実行中。

IMG_6303.JPG



カレースパイスをシーフードに絡めています。

IMG_6305.JPG


煮込んだ野菜にカレーのルーを入れ、絡めたシーフードミックスを煮込んで完成。

IMG_6308.JPG


早速いただきましが、食べ進むごとにシーフードの少しばかりの生臭さが鼻につきます。

14404999.v1272607930[1].jpg



赤ワインを使ったことで、ワインの中の「鉄」が魚介の「脂質」の酸化を

促進してしまい、生臭みとして感じられるのでしょう。


愛妻曰く。シーフードだから少しばかりの生臭さはあるわよ。こんなものよ・・・・!ハートたち(複数ハート)


私の中では失敗作でした。もうやだ〜(悲しい顔)


次回は、シーフードにレモン汁をかけ白ワインで再挑戦してみます。グッド(上向き矢印)


人気ブログランキングへ  ライフスタイルブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。




posted by ニッピー at 21:57| Comment(0) | TrackBack(1) | おやじの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。