PR


新着記事一覧

2010年09月19日

ダウングレードサービス


「Windows XPへのダウングレードサービス」という言葉を聞いたことがありますか?


最近ちまたでは、このサービスが10月あたりで終了するとのことです。もうやだ〜(悲しい顔)

ダウン3APpage.jpg


この「Windows XPダウングレードサービス」とは、新規にWindows 7搭載のパソコンを
購入するときに、インストールするOSとしてWindows 7の代わりにWindows XPを選べる
サービスのことです。


Windows 7プロフェッショナル以上を購入した場合に、Windows XPプロフェッショナルに
ダウングレードできるのです。


Windows XPがないと動かない周辺機器やソフトを使っているか、あるいは長年慣れてきた
Windows XPからWindows 7に移行するのは大変だから、といった理由でWindows XPを
使いたいが、新しいパソコンが欲しい、というユーザーに対応したサービスです。


以前にも、Windows Vistaが発売された時もダウングレードサービスはありました。手(パー)


私も以前Windows Vista Ultimateを購入した時、動かないアプリケーションが多くあり、
このサービスを使ったことがあります。ふらふら


そんなこともあり、新しいWindows 7が出た時も購入を躊躇っていたのですが、この話を聞くと
そろそろWindows 7に切り替え時なのかなーと考えさせられました。グッド(上向き矢印)


以前は、OS交換時のトラブルもPC自作派としてはそれも面白かったのですが、今はそんな余裕や
時間もなく、Windows 7にはことのほか慎重になっているこの頃です。NEW



今日一日 積極的に明るく朗らかに、生き生きと過ごしてください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

Companion 2

boseスピーカーCompanion 2 series II Blackに交換して半年が過ぎました。


以前はCreative I-Trigue 2300 IT-2300-BKを2年半使っていました。


Creativeは縦長であるため、デスクの掃除でPCスピーカーに手が触れるらしく、良く倒れ
イマイチ安定性が悪いのと、気分転換も含めて交換しました。グッド(上向き矢印)

IMG_6630A.JPG


いざ買うとなると迷うもので、いろいろネットで口コミ情報なども確認、家電量販店へ
視聴しに出かけました。船車(セダン)


boseスピーカー以外にロジクールのZ4やSpeaker System Z520を聞きに行ったのですが・・・


ロジクールのZ4は、口コミでも良い音が出ると書いてあった通り、この価格でこの音が
出るとは正直驚きましたが、デザインが気に入らず買う処まではいきませんでした.


そのロジクールのZ4は、今は生産中止で取り扱っているショップも少ないとか?もうやだ〜(悲しい顔)


Z520とCompanion 2は店内でイベントが始まりやたらとうるさく、本来のスピーカーの
性能を十分に確認できず、boseスピーカーは直営店で視聴となりました。バッド(下向き矢印)


音は低音から高音までは引き締まった音で、バランスも良く私好みの音でした。


人によってはこのCompanion 2低音が効きすぎて嫌いという方もいます。


結局、私はboseスピーカー直営店の接客の良さと、シンプルでそこそこ重量感もあり、
少し上を向いているデザインが気に入りCompanion 2を買いました。決定

2BBcats.jpg


つい2ヶ月程前にこのCompanion 2マイナーチェンジがあったのか、電源スイッチが
追加されているそうです。NEW

637124B_s[1].jpg


ボリュームを一番左へ回すとカチッと音がして電源オフになるということです。


家電量販店で買うときは前のタイプがまだ残っていることもあるそうで、購入される方は
確認された方がいいと思います。


 ― 仕 様 ―
  ■カラー         シルバーとグラファイトのツートンカラー、
                ブラック(日本限定カラー)
  ■音声入力       RCAピン×2系統
  ■ヘッドホン出力    3.5mmステレオミニジャック×1
  ■電源          AC100∼240V(50/60Hz)※専用ACアダプター付属
  ■外形寸法       81(W)×189(H)×192(D)mm (1本/ゴム足含む)
  ■質量          1.05kg(右)、0.89kg(左/スピーカーケーブル1.8m含む)



boseスピーカー
  Companion 2 series II Blackの詳しい情報はこちらから
→ Bose ボーズ



今日一日 積極的に明るく朗らかに、生き生きと過ごしてください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。



人気ブログランキングへ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。
posted by ニッピー at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

MX レボリューション

使用し始めて早3年半がたったこのマウス(ロジクール MX Revolution)の調子が最近おかしいのです。

IMG_6449.JPG


妙に動作が重くすんなりと クリックできない時 がたまに有るのです。ちっ(怒った顔)


充電時もなかなか充電モードにセットされなくなってきました。

IMG_6450.JPG


これは買った当時も 口コミ でしばしば報告されていたことですが、使用期間が長くなると
おかしくなるのですかねー!


以前は、マウスと言えば、私は バカ の一つ覚えのようにマイクロソフト派で、新しい製品が
出るたびに購入していました。


ワイヤレスが出始めた時に買ったマウスは単三電池の消耗が早く、電池残量が少ない
警告が頻繁に出るようになり仕事中幾度も キレ ていました。ちっ(怒った顔)


結局、コード付きのマウスに戻し使っていましたが、その時このロジクールを見つけました。わーい(嬉しい顔)

IMG_6456.JPG


当時12,000円ぐらいだったと思いますがメッチャ高くて がく〜(落胆した顔) 迷っていましたが、
結局買ってしまいました。


今では充電用電池もいろいろ出ていますが、当時はそれほど出回っていなかったので、
このマウス 乾電池レス が気に入って迷ったあげくヨドバシで・・手(パー)


人間工学に基づいたデザインというだけあって手に良くなじみ、握った感覚に違和感もなく、
両側面がラバー仕上げなので滑ることもなく 3年半 も使い続けています。

IMG_6454.JPG


結構気に入っているのですが、そろそろ次のマウスを考えなければいけない時期に・・・・








今日一日、読者の「進歩」と「向上する意欲」が上昇することを願っております。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


posted by ニッピー at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

モニターはVAパネルで!


会社で使用しているモニターの一つです。

IMG_2896.JPG 00852012159[1].jpg


19インチモニターから22インチになり、いまは24インチモニターになりました。右斜め上


仕事がら写真入りのレポートやCADソフトでの設計があり、画面サイズは 拡大傾向 です。


現在はこれ以外に19インチモニター2台、22インチモニター2台、24インチモニター2台、
27インチモニター1台で仕事をしています。


会社のモニターはNECやMITUBISHIのモニターが多かった(ブラウン管の時はもっぱら
SONYでした)のですが、ネットの評判と量販店での画像確認でナナオのFlexScan 
S2431に決まりました。



【仕様は以下の通り】

FlexScan S2431Wは、ビジネス用途を想定したワイド液晶ディスプレイで、
1920×1200ドット(WUXGA)表示の24.1インチワイドパネル(VA)を採用。

輝度は450カンデラ/平方メートル、コントラスト比は1000:1、黒白間の応答16ms、
中間階調の応答速度はオーバードライブ回路による6ms、視野角は水平/垂直とも
178度です。

RGB各8ビットの映像入力信号を多階調化してから最適な8ビット信号に割り当てて出力する
10ビットガンマ補正機能を搭載する。

映像入力はHDCP対応のDVI-DとD-Subを用意し、USB 2.0のハブ機能もあり、
2基のダウンストリームポートを備える(アップストリームは1系統)。

また、ディスプレイ背面にステレオスピーカー、左側面にはヘッドフォン出力を持っています。

機能面では、周囲の明るさに応じて画面の輝度を自動調整する「BrightRegulator」、
表示する画像に適した画質モードが選べる「FineContrast」を備えます。

FlexScan S2431Wは、調光機能を搭載し、文書作成時などに輝度を最大値の
25%程度まで下げることが可能です。

 本体サイズは、S2431Wが566(幅)×208.5(奥行き)×456〜538(高さ)ミリ、
重量は、約10.6キロです。



このモニター液晶モニターとしては、 申し分のない品質 だと思います。手(チョキ)


最初に使用した時に感動した画面の美しさは驚き出した!!揺れるハート


いままで使用していたモニターがTNパネルだったので、このVAパネルの液晶には
正直ビックリよりも感動した!


ただしこのフレームを支えるハの字型の足はいただけません。


樹脂製のカバーがきちんとはまらず浮いていたり、フレームを回転させるたびに
この足ではちょっと不安になります。がく〜(落胆した顔)


購入してから早2年になろうかとしていますが、24インチ以上のTNパネル液晶モニターは
使えなくなりました。もうやだ〜(悲しい顔)



今日一日、読者の「進歩」と「向上する意欲」が上昇することを願っております。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


posted by ニッピー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

キーボード

会社で使っているキーボード(東プレ REAL FORCE106UB)です。

IMG_6459.JPG


今まではマイクロソフトのワイヤレスキーボドを使っていたのですが、どうもタイプ時に引っかかる様な感触が有ったので、ネットの口コミ情報を調べ3年前に購入しました。


今まで白系を使っていたので、今回は気分一新で黒のキーボードにしました。

IMG_6460.JPG


本来はワイヤレスのキーボードが欲しかったのですが、使用感がものすごくいいとの事でこれに決めました。

【キーピッチ】
  一般的な19mmサイズ。快適で適切な大きさです。
  ただ、スペースキーをもう少し長くして欲しいです。

【ストローク】
  深く押さなくても良く、押し忘れがない快適な打撃感が味わえます。
  また、小指で押すようなキーは軽く作られているので全ての指が快適に使えます。

【キー配列】
  一般的な108キー配列。

【機能性】
  機能キーはない為すべてのキーをブラインドタッチができます。
  変荷重で力の弱い小指でもしっかりと打鍵ができます。

【【耐久性】
  3年間使っていますが全くの問題もなく快適に使えています。

【総評】
  値段の高さには驚きますが、使ってみると満足感が有り、
  買ってよかったと思えるキーボードです。
  コストパフォーマンスの高い製品です。


IMG_6461.JPG



人気ブログランキングへ  ライフスタイルブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。




posted by ニッピー at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

東芝DynaBook 2140

このノーパソ二男が学生時代に使っていたもので、かれこれ8年以上前の代物です。

IMG_6472.JPG


当時はこれでもそこそこ使えたそうで、二男の部屋の押し入れから探してきました。


会社で温度ロガー用のデータ収集に使えるかと思い、チョットいじくってみようかと・・・
ちなみにこんなスペックになっています。


 製品名:東芝DynaBook 2140
 プロセッサ:3DNow! テクノロジモバイルAMD K6 -2-Pプロセッサ450MHz
 キャッシュメモリ:64KB(1次キャッシュ、CPUに内蔵)、512KB(2次キャッシュ、外部)
 メモリ:標準/最大   64MB/192MB(PC100対応、SDRAM)
 表示:12.1型FLサイドライト付きDSTNカラー液晶
    最大800x600ドット:1,677 万色
 ハードディスク:4.3GB(Ultra ATA)
 フロッピーディスク:3.5型(1.44MB/1.2MB/720KB)
 CD-ROM:最大24倍速CD-ROM、12/8cmディスク対応、ATAPI接続
 PCカードスロット:TYPE ×2スロットまたはTYPE ×1スロット
 サウンド機能:
   PCIバス接続サウンドシステム(16ビットステレオ)
   ステレオスピーカ内蔵
 インターフェイス:
   シリアル(RS-232C 9ピンD-sub
   PS/2(6ピンミニDIN マウス/キーボード共用)×1
   パラレル(セントロニクス、25ピンD-sub ECP対応)×1
   USB×1
   RGB(15ピンミニD-sub 3段)×1
   モデム(RJ11)×1
   オーディオ入力(3.5mm ステレオミニジャック)×1
   マイク入力(3.5mm モノラルミニジャック)×1
   ヘッドホン出力(3.5mm ステレオミニジャック)×1
 電源:リチウムイオン(バッテリパック)
 駆動時間:約2時間(省電力制御あり)
 充電時間:約2〜3時間(電源OFF時)/約4〜10時間(電源ON時)
 ACアダプタ:AC100V〜240V、50/60Hz
 消費電力:最大約45W、スタンバイ状態約2.0W (バッテリ充電なし)
 外形寸法:309mm(幅)×259mm(奥行)×43mm(高さ)
 重量:約3.0kg(バッテリパック装着時)


スペック調べているうちに、いまでは廃番になった部品がでてきて、自作PCマニアには
たまらなく懐かしいです。


こんなスペックでも当時は使えていたのかと思うと感無量ですねー。


なんとか立ち上がりました。


画面にOSのバージョンWindows meが表れた時は、いやーチョットビックリ!

IMG_6474.JPG


温度ロガー用アプリのインストールは無事トラブルもなく終了!


ソフトも無事起動しチョット物足りなさが残りましたが一安心です。

IMG_6481.JPG


こんな古いノーパソでも軽いアプリならまだまだ現役で使える事が分かれ嬉しくなりました。


DynaBook 2140まだまだ現役です!!



人気ブログランキングへ  ライフスタイルブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。




posted by ニッピー at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。