PR


新着記事一覧

2012年03月16日

唾液力を高める ◆唾液の働き◆ 

健康と体から「唾液力を高める」をお伝えする第4話。


私たちが生きていくには、まず食べることから始まります。

食べ物を口の中で噛み砕くことで脳に刺激が伝わり、唾液分泌が促進され口の中に唾液が濫れ出します。

濫れ出した唾液に含まれるアミラーゼという消化酵素が食べ物のデンプンを消化すると、胃の消化酵素であるペプシンが働き出すというメカニズムが作動します。

唾液には消化を助けるほか、口の中の環境を守る、以下の様々な働きがあります。

@溶解作用(味物質を溶解して、味覚を促進させる)

A洗浄作用(食べ物のカスを洗い流す)

B抗菌作用(抗菌作用を持つ物質によって病原微生物に抵抗する)

CpH緩衝作用(ペーハーを一定に保ち、細菌の繁殖を抑える)

D保護作用(歯の表面に被膜をつくり、虫歯を防ぐ)

E円滑作用(発音や会話を円滑にする)

私たちが味覚を楽しめるのは「甘い」「酸っぱい」といった味覚の刺激を唾液に溶かし込んで確認させる溶解作用のおかげです。

また、唾液は唾液腺からシャワーのように出て口腔内をきれいにし、消毒の役割も果たしています。

唾液には、しっかり噛むことで消化を助け虫歯も防いでくれる驚くべきパワーがあるのです。


明日は、健康と体の『唾液力を高める』から「酸化と還元の度合いを知る」をお伝えします。


唾液はなんでも知っている!―たった一滴に秘められた、人体の科学
唾液はなんでも知っている!―たった一滴に秘められた、人体の科学宮西 ナオ子 岡澤 美江子 伊藤 実喜

三五館 2006-10
売り上げランキング : 196700


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

唾液力を高める ◆健康状態測定のバロメーター◆

健康と体から「唾液力を高める」をお伝えする第3話。


人間の肉体を維持するにはまず口から水や食べ物を入れ、排泄しなくてはなりません。

あまりに当たり前のことで、ほとんど意識する人はいませんが、私たちはいつも口の中を潤してくれている唾液のおかげで日常生活をスムーズに過ごすことができています。

もし唾液が出なかったらどうなるでしょうか。

まず、口の中が乾燥して舌が動かなくなります。

そうなると話すこともできず、食事もでぎなくなります。

さらに、口臭がきつく、虫歯にもなりやすくなり、やがて口の中はカビだらけになってしまうでしょう。

大人で一日平均1〜1.5リットルもの唾液が出るといわれます。

これは、一日に出す尿の量とほぼ同じです。

99.5%が水分ですが、一滴の唾液にもナトリウムやマグネシウム、カルシウム、たんぱく質、ビタミン、そして若返りのホルモンまで、実に様々な有効成分が含まれています。

唾液の測定が体内の状況、体調を知るのに有効であり、体を巡ったあとの「結果」を表す尿に対し、唾液は現在の健康状態に加え、心の状態や近い将来起こる体の状態を予測できるのです。


明日は、健康と体の『唾液力を高める』から「唾液の働き」をお伝えします。



唾液はなんでも知っている!―たった一滴に秘められた、人体の科学
唾液はなんでも知っている!―たった一滴に秘められた、人体の科学宮西 ナオ子 岡澤 美江子 伊藤 実喜

三五館 2006-10
売り上げランキング : 196700


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。