PR


新着記事一覧

2012年03月03日

深層筋を鍛える ◆毎日を楽しくいきいきと◆

健康と運動から「深層筋を鍛える」をお伝えする最終話。


逆ストレッチによって「痛気持ちいい」と感じる場所を意識して探してみてください。

そして圧迫する際にも向きや角度、圧の強さを変えたりして、自分に適した部分を見つけてください。

多くの場合、実は悪いところは自分が一番分かっているものです。

食後1、2時間以上経ってから、できれば就寝前に行うのがお勧めです。

一日の疲れが取れるとともに成長因子が出やすくなり、寝ている間に筋肉の成長を促すことができて一石二鳥です。

逆ストレッチの過程で痛みが鋭くなったり、痛みがなかなか軽減しない時は中止します。

また、前日の「逆ストレッチ+圧迫法」の痛みが残っているようであれば痛みが消えるのを待って行ってください。

一日一回程度行えば十分です。

筋肉は一日中酷使されていますから、一時的に楽になったとしても元に戻ってしまうのは当然です。

だからこそ、自分の身体は自分で管理すべきなのです。

筋肉を健康にすれば慢性痛が改善されるばかりでなく、身体そのものが若返り、活力が湧いてきます。

毎日をいきいきと楽しく過ごすために、この方法を試してみてください。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

深層筋を鍛える ◆腰痛を癒やす方法 その2◆

健康と運動から「深層筋を鍛える」をお伝えする第7話。


■中臀筋へのアプローチ

中臀筋はお尻の両側にあり、体の左右のふらつきを安定させる働きを持つ筋肉です。

ここが硬くなると腰痛や足の外側の神経痛の原因になります。

最初に行う逆ストレッチは、足を左右どちらかに流して横座りの姿勢になった後、片方の足を横に伸ばして、曲げた足側に上半身を倒します。

この時、腰の側面の筋肉を縮めることを意識します。

続いてストレッチを行い、曲げていた足を伸ばしている足とクロスさせ、腕で押さえながらお尻の筋肉を伸ばします。

痛みを感じたポイントにタオルの結び目が当たるように調整し、ポイントが定まったらタオルに体重を乗せて圧迫します。

タオルで筋肉を圧迫する際には5秒圧迫→3秒休憩を2回行います。

休憩を入れるのは、「圧を加える」「圧を緩める」という運動を交互に行うことによって筋肉周辺の循環をよくするためです。

最後に、再度圧迫しながら、30秒から1分間ポイントを揺すって筋肉をほぐします。


マヅサージやストレッチでも完治させられなかった辛い慢性痛を、筋肉をほぐすことで自分で解消していくことができます。

炎症を起こしていた筋肉は逆ストレッチで緩め、タオル圧迫法で刺激を与える過程で徐々に痛みが軽くなるはずです。


明日は、深層筋を鍛えるから「毎日を楽しくいきいきと」をお伝えします。


タオル1本でガンコな肩こり・腰痛を治す! (PHPビジュアル実用BOOKS)
タオル1本でガンコな肩こり・腰痛を治す! (PHPビジュアル実用BOOKS)中辻 正

PHP研究所 2011-08-19
売り上げランキング : 25238


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ
↑ ブログランキングに参加しています。皆様の温かいご支援のクリック、宜しくお願いします。


posted by ニッピー at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。